MENU

蝉の声

2018年8月1日

 残暑お見舞い申し上げます。連日の猛暑に辟易しておりますが、皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか?

 

 毎年この時期になると、蝉の声、そして強い陽ざしの中に燻る煙と共に、亡き人に思いが馳せます。2年前の8月、大切な人を二人続けて亡くしました。ソウルメイトと主人の母です。二人とも以前から病気でしたが、実際に亡くなるイメージがまったくわかず、永遠ではないけれど先の話、勝手に決めこんでいました。個人的なことを話せばきりがないので割愛させていただきますが、同年代である友人の死を目の当たりにして率直に感じたことは、強烈に悲しい反面、きっと現世での仕事を早々に終え、飛び級で次の世界に行ったのだ・・・「先に行って待ってるから!中尾さん、もう助けてあげられへんけどがんばりや!」そんな声が聞こえたような気がしました。誰かが先に行って準備する大切な志事があるから、いつものようにその大役に身を挺して率先垂範、迷わず手を挙げたんだ・・・そんなシーンが走馬灯のように浮かびました。その時ふと、じゃあ、この世での私の仕事は何?そんな命題にふわっと包まれました。両肩をポンっと優しくたたいてもらったような温かい感覚。

 

 次に母ですが、母は不思議な人で、普通、長男の嫁として最も迎えたくない、私のような仕事サイボーグを大変かわいがってくれました。というより私を認めてくれました。結婚してから母が亡くなるまで、ついぞ一度も世間でいう嫁姑問題を経験することなく終わりました。遅くに家に行くと、ご飯を作ってくれビールをついでくれました。脳梗塞で倒れてからは、主人のお姉さんが自分の仕事を辞めて、献身的にお世話をして下さり感謝でいっぱいです。私が行く度に、「仕事があるだろうから、大丈夫だから、早くもどり、一広を頼むよ」とだけ言われました。故にお別れの時誓ったことは、「一広さんを一生支えます。安心して下さい。」何が言いたいのかというと、私を取り巻く全てのことが、諸手を挙げて私のやるべき仕事を応援してくれているということ。皆の祈りがこもっているということ。そこに邁進していい人生なのだということを、母の死に際し改めて感じた次第です。

 

 ある本で読んだ一説が思い起こされました。私たちは40億歳、地球とともに脈々と受け継がれた命、固体生命としてはせいぜい寿命100歳ですが、私たち一人一人は各々時代を一歩前に進めるために生まれてきました。私が今している仕事の意味は、自分の仕事を発展させることを通じて、時代を一歩前に進めること。死について何ら考えがなく、死に対して何ら腰の定まらないうちは、その人生はまだ真実とは言えない。自分の使命に生き切った・・・そんな、人間の生き方として最高の燃焼度に達した生き方をしたい・・・大切な人の死に際し、そんな風に思ったことを昨日の様に思い出します。

 

 死生観といえば大げさかもしれませんが、自分の身に起こることは必ず何かの思し召し、毎年蝉の声に誘われ、心残りのない死を迎えられるよう、生き方を省みる大切な時間にしたいと思います。

新着記事

心柱

◇2023年4月8日◇

 毎年、確定申告の終わりと共に、春が訪れます。ひと昔前は一週間ほぼ徹夜、もう一頑張りすればスキーに行ける!はずんだ気持ちで、仕事をモリモリとこなしていました。徹夜も季節の風物詩、楽しみの一つ、人生の夏を謳歌していました。    そんなIdoも、

今週の担当は、【広報プロジェクト】が担当します。今日は、最近力を入れているプロジェクト「決算報告会」についてお話したいと思います。   1.決算報告会毎年必ず訪れる「決算」を、活かせていますか?社長だけで独り占めしていませんか?決算は、たくさん

【Ido ism】経営理念の浸透

◇2023年1月24日◇

こんにちは!今回、担当するのは【I do ismチーム】です! 「I do ismってなんだ?」と思われた方も多いのではないでしょうか。 そこで、これから私たちが行っている活動を説明させていただきます。       1.活動の目的 私

こんにちは!今回、担当するのは【担当者育成チーム】です! 担当者育成チームは、採用したスタッフが担当者になるために育成する、いわゆる人材育成プロジェクトです。   【チームの志(理念)】 ①カラフル 自分らしさ全開 (個性)が尊重×尊敬

道を正す

◇2023年1月4日◇

 新年あけましておめでとうございます。旧年中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。本年もご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。    2022年ほど、あっという間に過ぎ去った年は、記憶にありません。光陰矢の如し、脇目を振ること

こんにちは!今回、担当するのは【I do ismチーム】です! 「I do ismってなんだ?」と思われた方も多いのではないでしょうか。 そこで、これから私たちが行っている活動を説明させていただきます。       1.活動の目的 私

Idoには、「金次郎ハウス」という伊勢合宿所があります。金次郎オタクの私が名付け親です。小さな合宿所ですが、金次郎の銅像が二体、薪を背負って出迎えてくれます。3年前から少しずつ、浜西さんが手塩にかけて手入れしてきた甲斐あり、皆さん喜んで来て下さるよ

外出自粛が合言葉になって早一年、もはやこれが日常ではないかと錯覚するほど、月日が流れています。時間薬という言葉通り、各人が泣き言をいうのを止め、変化を受容、工夫し、その人なりの不要不急を噛みしめながら、前を向いて暮らし始めたように感じるのは私だけで


アーカイブ

2023

最新記事

サイドメニュー

こんにちは(ご挨拶)

代表者からの簡単な自社・自店舗の特徴や思いを伝える。

代表
中尾久美子

会社情報

電話番号

06-6476ー8860

所在地

〒530-0016
大阪市北区中崎2-1-4 嶌野(しまの)ビル5階
地下鉄谷町線「中崎町駅」②番出口より左へ徒歩2分。


© 2023 税理士法人 I do All rights reserved.