MENU

清貧の頂きへ

2017年4月1日

春うらら、大いなる神の遣いたちが冬眠から目覚め、命の芽吹きが私たちを優しく包む今日この頃、気が付けば、清貧を絵に描いたような人々が、次から次へとIdoの門をたたきます。その人たちは、まるで、斧を二つ携え、泉から浮き出てきた仙人のように、私に命題を投げかけます。

 

清貧と言えば、自利を排し、神仏のような人格を目指す境地、宗教家や学者であれば、最上位、敬われる境地かもしれません。しかし、私たちは経営者、自己の充足感だけで終わるわけにはいきません。皆、一様に、一抹の物足りなさをぬぐえず、全体最適、永続的な幸せと、経済合理性の両立のジレンマを強く抱えています。

 

自社の利益を追求するだけで充足できる境涯の経営者からすれば、何に悩んでいるのかさえ分からず、お互いに否定し、歩み寄ることはありません。人として最低のステージは濁貧(濁った貧乏)、その上が濁富(濁ったお金持ち)、更にその上位に来るのが清貧、その清貧の頂きにそびえているのが清富の世界です。自分自身が濁富という砂の城に君臨していることに気づくことができるきっかけは、平等に神様から与えられます。しかし、残念ながら、そのお告げが耳に届く人と届かない人がいます。せっかく耳に届いても、家族の為、従業員の為、お客様の為という、三大私心の雲を払う努力をせず、欺瞞に満ちた毎日を謳歌するうち、そのお告げは聴こえなくなります。

 

せっかく天からのお告げを耳にし、命題を頂いたのであれば、その人生を懸けて、私心の雲を排し、挑戦してみたい!!そう決意した人々が、どうやらIdoの門をたたくようです。私たちはすでに、一人ひとりの「経世済民のものがたり」を演じています。冒険映画のような派手さはないけれど、紛れもない一大スペクタクル映画です。監督も自分、主役も自分、脇役を選ぶのも自分、そして、シナリオを描くのも自分です。

 

Idoに与えられた役割は何か・・・その人々が、良心を羅針盤に、心が折れてしまわないよう、鼓舞するだけでなく、大げさかもしれませんが、知恵の蔵を共に開き、その叡智を集結すること。一人一人は無力でも、一燈が万燈となるよう、共に清富への道を歩むことではないか・・・圧倒的な力不足、役不足は棚に上げて、そんな風に感じている次第です。

 

金儲けの活動は必ず人間を鍛える道場となります。私たちは、志を持って道を求める人々が、決してお金で困らないよう、清貧の頂き、清富の山へ誘うこと。今年、春一番に乗って、そんな神の囁きを耳にしました。お告げを頂いたからには、迷わず歩むべし!まずは、自分自身の特大サイズの私心の雲を必ずや取っ払います!!

新着記事

蝉の声

◇2018年8月1日◇

 残暑お見舞い申し上げます。連日の猛暑に辟易しておりますが、皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか?    毎年この時期になると、蝉の声、そして強い陽ざしの中に燻る煙と共に、亡き人に思いが馳せます。2年前の8月、大切な人を二人続けて亡くしました。

受苦せしものは学びたり

◇2018年4月8日◇

おかげさまで、平成30年4月8日をもちまして、税理士法人Idoは、めでたく15周年を迎えることができました。これもひとえに、皆様のご支援、ご愛顧の賜物と、心より感謝しております。今後も、開業以来積み重ねてきた経験を活かし、皆様のご期待に添えるよう、

寛恕

◇2018年3月1日◇

私の周りには、「良いこと」を我が身を削って行う方が後を絶ちません。その「良いこと」は、間違いなく、美しい心と素晴らしい志です。そう聞くと、完璧なる美徳の様に聞こえますが、「論語とそろばん」、バランスを欠いた経営者の行いは様々な障壁を生みます。その方

穏和になったともっぱら評判の私ですが、瞬間湯沸かし器的な沸点は極限まで下がったものの、その分何とも言えない違和感、気持ち悪さを感じる瞬間が増えました。身の毛もよだつ感覚、到底受容できない感覚、いわば動物的本能です。ずるさやごまかしの匂いが漂う時、権

Keep going 前を向いて

◇2018年1月1日◇

 新年明けましておめでとうございます。 昨年中は格別のお引き立てに賜り、厚く御礼申し上げます。 本年もご愛顧の程、何卒よろしくお願い申し上げます。    年の瀬が迫りくる12月のある日、事務所の来期の方針発表に思いを馳せながら、しみじみ実感

11月は様々な出来事と想いが錯綜した1か月でした。11月なのに年の瀬のような、まるで走馬灯が10倍速のスピードでかけめぐるような・・・ 確実に今までの自分の身体感覚を上回る勢いで物事が進んでいきます。その都度、立ち止まって考えるというより、両腕を

長所と欠点は紙一重、表裏一体、深く反省することがありました。私には、自分でいうのもはばかられますが、人が大いに共感して下さり、心の琴線に触れるような部分と、人が絶対触れられたくない部分に、土足で踏み込む圧倒的な無神経かつ傲慢な部分があるようです。

お金は良心探知機です!私が会計のセミナーをさせて頂くとき、必ず申し上げる言葉です。決算書や業績の推移を見れば、その会社の経営者の方の気質が、ほぼ百発百中わかります。慎重な方、無鉄砲な方、見かけによらず豪快な方、お金が離さない方、お金に嫌われている方


アーカイブ

2019

最新記事

サイドメニュー

こんにちは(ご挨拶)

代表者からの簡単な自社・自店舗の特徴や思いを伝える。

代表
中尾久美子

会社情報

電話番号

06-6360ー5577

所在地

〒530ー0057
大阪市北区曽根崎2-5-10
梅田パシフィックビルディング3F
JR大阪御堂筋南口、阪神梅田駅東口から徒歩5分。
阪急梅田駅からも徒歩7分。


© 2019 税理士法人 I do All rights reserved.