MENU

中年の危機

2017年8月1日

唐突ですが、私は自分が100歳で長寿を全うすることを知っています。もっとも、私が100歳になった時には、100歳は長寿ではなく平均寿命になっているかもしれませんが・・・ちょうど50歳になった去年辺りから、生きる情熱というか、エネルギーの質が変わってきた気がしてなりません。車に例えたら、シフトをトップギアからロウに落としたような、良い表現をすれば、穏やかになった、優しくなったとも言われます。

 

しかし、自分自身の本当の気持ちは、全力疾走せず力を抜いて走っている・・・何やら怠けて手を抜いているような、妙な後ろめたい感覚に時折襲われます。今までは、休むことなく、憑き動かされるように働き続けてきたのですが、最近では、家族の重要性を実感したり、地球の未来と繋がっている自分を内観したり、本当の幸せとは何か?そんなことを静かに考える自分に驚愕の思いでいっぱいです。数年前までは、志に向かって邁進こそ、充実した人生、死んだら永遠に眠れる、そんな風に考えていた自分の心の変化を咀嚼できずにいました。

 

そんな折、先日、久々に聞いた「中年の危機」という言葉に、自分の心を見透かされたような感覚に陥りました。多くの人々が、人生の折り返し地点で、これからの生き方や自分の存在意義について思い悩み、今まで価値があったものに対し、価値を見出せなくなり、今までの生き方に関心を失い始めるそうです。しかし、これをうやむやにせず、この危機に正面から向き合い、これを乗り越えると、新しい可能性や創造性への飛躍の扉が開かれるそうです。故に、中年の危機は意義深い停滞とも言われているそうです。

 

今、私の最大の喜びは、「お父さん、調子いいよ~」という、母からの嬉しそうな電話です。恥ずかしながら、私は、母の報告に一喜一憂しています。父は末期の肝臓癌で、母が自宅で看取ることを決意したのです。晩年に差し掛かり、晩節を汚す勢いだった父と母が、二人で最後の魂磨きをしている誠をつぶさに見せつけられ、人間にとってこれ以上尊いことがあるのかというカルチャーショックが、私の心の変化の最大の要因です。

 

父と母の魂磨きに触発され、私と妹も、つべこべ言わず顔を見に行き、泊まれるときは泊まります。一日最低5回は来て下さる介護の方々も天使の様な笑顔です。ご近所さんは、母をねぎらい、交代で毎日夕食を作って母に届けてくれます。まるで魂磨きのチームです。

 

父は自分の命の限り、私が一皮むけるよう、私に何かを教えようとしてくれています。お陰様で、私は中年の危機を乗り越えることが出来そうです。いざ、慈愛の人への新しい扉を開き、一歩前へ!!前進あるのみ!!

新着記事

蝉の声

◇2018年8月1日◇

 残暑お見舞い申し上げます。連日の猛暑に辟易しておりますが、皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか?    毎年この時期になると、蝉の声、そして強い陽ざしの中に燻る煙と共に、亡き人に思いが馳せます。2年前の8月、大切な人を二人続けて亡くしました。

受苦せしものは学びたり

◇2018年4月8日◇

おかげさまで、平成30年4月8日をもちまして、税理士法人Idoは、めでたく15周年を迎えることができました。これもひとえに、皆様のご支援、ご愛顧の賜物と、心より感謝しております。今後も、開業以来積み重ねてきた経験を活かし、皆様のご期待に添えるよう、

寛恕

◇2018年3月1日◇

私の周りには、「良いこと」を我が身を削って行う方が後を絶ちません。その「良いこと」は、間違いなく、美しい心と素晴らしい志です。そう聞くと、完璧なる美徳の様に聞こえますが、「論語とそろばん」、バランスを欠いた経営者の行いは様々な障壁を生みます。その方

穏和になったともっぱら評判の私ですが、瞬間湯沸かし器的な沸点は極限まで下がったものの、その分何とも言えない違和感、気持ち悪さを感じる瞬間が増えました。身の毛もよだつ感覚、到底受容できない感覚、いわば動物的本能です。ずるさやごまかしの匂いが漂う時、権

Keep going 前を向いて

◇2018年1月1日◇

 新年明けましておめでとうございます。 昨年中は格別のお引き立てに賜り、厚く御礼申し上げます。 本年もご愛顧の程、何卒よろしくお願い申し上げます。    年の瀬が迫りくる12月のある日、事務所の来期の方針発表に思いを馳せながら、しみじみ実感

ここ数年、そこはかとない違和感を感じていることがあります。その違和感はじわじわとボルテージを上げ、もはや笑顔で居合わせることが出来ないくらい、顕著なものになってきました。それは何か?と問われると、明確な自覚的表現が出来ず、自分はうつ病?と、すっきり

 私事ですが、7月半ばから週に三回、父の看病のために実家に通っています。もちろん仕事をしながらですので、時間にすると、わずか2時間くらいですが、父も母も、私が来ることをとても楽しみに待っていてくれます。ケアマネさんはじめ、チーム魂磨きの方々は、あい

長所と欠点は紙一重、表裏一体、深く反省することがありました。私には、自分でいうのもはばかられますが、人が大いに共感して下さり、心の琴線に触れるような部分と、人が絶対触れられたくない部分に、土足で踏み込む圧倒的な無神経かつ傲慢な部分があるようです。


アーカイブ

2019

最新記事

サイドメニュー

こんにちは(ご挨拶)

代表者からの簡単な自社・自店舗の特徴や思いを伝える。

代表
中尾久美子

会社情報

電話番号

06-6360ー5577

所在地

〒530ー0057
大阪市北区曽根崎2-5-10
梅田パシフィックビルディング3F
JR大阪御堂筋南口、阪神梅田駅東口から徒歩5分。
阪急梅田駅からも徒歩7分。


© 2019 税理士法人 I do All rights reserved.