I do

Tax Accountant Office
¡

recruit


Idoは新卒及び中途での求人を行っています。

新入社員 冨田遼さんのVOICE

会社の魅力
私のIdoへの入社理由は、「人」です。
私は前職が経営不振により退職となり、私は驚き途方に暮れました。
様々な税理士事務所に面接も行きました。
そして、全ての税理士事務所で第一声は「大変だったね」「苦労したんだ」とおっしゃっていただきました。
僕は面接に行くたびにその言葉を言われて、哀れな人と見られることに良い思いはしませんでした。

そこで、出会ったのがIdoです。
面接の際に代表である中尾さんに
「あなたが本気でなかったから会社がダメになったのでは?まずは、経営者と同じ土俵に立てるようしっかり力をつけることじゃない」
とおっしゃっていただきました。私は、本当に嬉しかったです。
哀れむわけでもなく、これからの生き方を教えていただいた気がしました。
社会のせいにして何もかも片付けようとしていた私を変えてくれたのだと思います。
だから、私はIdoが魅力的だと感じ、Idoで力をつけたいと感じたのです。

行っている業務
現在、私は担当者の方の補助業務を中心に、事務所に関わる業務をさせて頂いています。
会計や税務の必要な知識はもちろんのこと、社会人としての考え方・マナーなど業務だけでなく、人として大切なことを学ばせて頂いています。
今後は、先輩方の背中を見て今自分に出来ることを必死でやり、お客様に安心していただける誠実で真っ直ぐな担当者になります。
毎日毎日積み重ねていきたいと思います。

I doで学んだこと
I doで学んだことは、『仕事を通して人間性を高める』こと。
I doで学んだことは、『諦めないこと』です。
経営が厳しくなるように、人生にもつまずき逃げ出したくなるときは、何度も来ます。
しかし、それは自分を変えるチャンスだと感じ、諦めずにその課題と向き合うこと、真正面からぶつかる大切さを学びました。
まだまだ、多くのことが壁だと感じてしまいます。
しかし、その壁を乗り越えたときに一つひとつと少しずつステップアップしているのだと思います。
諦めずに日々精進していきます。

メッセージ
I doは、どこの税理士事務所より人間味があり、皆が本気で仕事と向き合っています。
喜怒哀楽が最もある事務所だと私は思います。

本気でしているから、真正面からぶつかり相手の指摘もする。
本気でしているから、壁にぶつかり苦難も多い。
本気でしているから、達成したときの笑顔が大きい。
本気でしているから、皆が信頼し合えるのだと思います。

「人を変えることはできない。自分を変えなさい。」
これは、入社したときに代表である中尾さんに言われた言葉です。
I doは、皆本気で経営者を救うために日々全力で何事も取り組んでいます。
そんな仲間としてIdoで働いてみませんか?

若手社員 田中瑠璃子さんのVOICE

会社の魅力
私は高校時代、簿記を学べる商業の学校へいっていたこともあり、簿記に携わることの出来る仕事をしたいと思っていました。
入社する前までは一般企業に勤めていましたが、ご縁があってIdoと出会い、ここで働きたいと思うようになりました。
Idoが普通の税理士事務所と違うところは、他の事務所よりも『お客様の為に』を考える事務所であることだと思います。
私たちの経営理念にも、『常にお客様の視点に立つ』という言葉があります。
これを基に、税理士法人Idoとしては月次会計・税務業務を通して、株式会社Idoとしては、コンサルティングや会計講座などを行い、お客様の経営のお手伝いをさせていただいております。
常に感謝と「お客様のため」を忘れずスタッフ一同日々業務に臨んでいます。

行っている業務
主に現在は、担当者の補助業務がメインとなり、お客様からいただいたデータの入力処理、お客様に対する書類の作成等と、所内全体の総務業務、その他広報関連のことなどをしています。
実際の月次会計を学んでいくとともに、今後は税務のことなども学びつつ、税務業務についても行っていけるようにしていこうと思っております。
まだまだ未熟ですが、所内業務をしていくなかでもっと細かいところにも目を配っていくようにしていき、所内全体の業務の効率化も図っていきたいと思っております。

I doで学んだこと
Idoでは、所内研修なども行っており、業務内容だけではなく、考え方・心の持ち方のことについてもたくさん学ばせていただいております。
京セラフィロソフィーを通し、人としてなにが正しいかという本来持っているものに対して改めて学び、気付くこと、また他の人の意見を聞かせていただき、自分の狭かった考えなども見直すことができました。
また、社内研修では「俯瞰逆算」の考えを基に、改めて自分の未来や将来の事を考えることで「何をすべきか」ということが分かるようになり、さらなる業務の効率化・主体性の芽生えなどにも繋がっていけると思っています。
さらにIdoでは「キャリアパス」を導入しています。
これにより自らの能力を目視することが出来、自分があとどれくらいで担当者になれるのか、なにを習得できているのかが良く理解できます。
おそらく、ここまで心の面への学びや新入社員教育に対して事務所が取り組んでいることはあまりないと思います。
まだまだスタートしたばかりですのでゴールへの道は長いですが諦めず、感謝を忘れないようにして今後の業務や人生に生かしていこうと思っています。

メッセージ
まだ入社して一年ほどですが、Idoは他の事務所よりもさまざまなことを学べる環境であると感じます。
他の事務所に比べれば少し厳しい環境ではあるかもしれませんが、向上心を持って諦めず取り組んでいくことで必ず成果が出せますし、必ず認めてもらえる環境ではあると思います。
そういったものを感じると、自然と業務に対してもしっかりとした気持ちをもって取り組むことができるようになり、色々な面からみて自分自身を成長させることができると思います。
Idoに入り、「仕事の出来る人」が「業務をこなせる人」ではないということに気づかせていただいたので、これからも様々なことを学び、心のレベルを高めるとともに仕事のできる人間となっていきたいと思います。
今のステージから進みたい、成長したいと思う方は是非このような環境に身を置いてみてはいかがでしょうか?

キャリア入社 寺田博子さんのVOICE

会社の魅力
私にとって初めての転職先がI doです。
前職も税理士事務所に勤めておりましたが、もっとお客様のために役立つにはどうすればよいのかと思い、いっそ一企業に勤め経理業務をするか迷いました。
そんな折出会ったのがI doです。
私にとっては今まで言葉にできなかった悩み、事務所の将来の目標や仲間意識、お客様への貢献のことなどが全て経営理念に込められておりI doに入社を決めました。
前事務所では内勤の業務がメインだったのですが、I doに入社後は2ヶ月ほどで担当者の業務を任せて頂き、また半年後には決算報告会もさせて頂きました。
今まで決算報告会をしたこともない私がいきなり報告会で報告をすることになり戸惑いもありましたが、ここでチャンスを逃すと二度とないと思い報告会に臨みました。
このような機会があるのもI doならではだと思います。

行っている業務
現在は担当顧問様先のデータ入力、月次監査、月次訪問、決算申告業務を行っています。
社内におきましては、正社員の方以外の業務及びスケジュール等の管理やまた年に一度発表をします経営指針書作成の担当をしております。

I doで学んだこと
I doで学んだことは、『仕事を通して人間性を高める』こと。
申告業務をこなす税理士事務所はたくさんあります。
そのなかで真剣に経営者の方と向き合い、悩みそして喜びをわかちあわせて頂く事務所はごくわずかです。
入社して代表に頂いたこの言葉を今やっと実感し、実践している最中です。

メッセージ
I doでは年齢や性別関係なく本気で頑張れる人には様々な機会が与えられています。
以前の私もそうだったのかもしれませんが、自分自身で限界を決めてしまっている方は是非I doに来て頂き活躍の場を広げてみませんか。
また経営理念にもございますが、私たちの仕事はサービス業です。
もっとお客様のために役立ちたいと思っていらっしゃるのであれば I do に来てその熱い『思い』を実践して下さい。

新卒・キャリア採用内容

求める人物像
1. お客様の経営に興味・関心を持てる人
2. 自分で考え、自分で動ける責任感の強い人
3. 数字が好きな人
4. I do groupの理念に共感が出来る人
5. 常に明るく前向きな人
職種 税理士補助、巡回監査、月次試算表のチェック、自計化サポート
事業内容 経営計画作成サポート、幹部研修、従業員研修、コンサルティング
勤務時間 9:00~17:30
勤務地 大阪市北区曾根崎2-5-10 梅田パシフィックビルディング3F
給与 大卒初任給 月給180,000円(前年度実績)
手当 通勤手当
賞与 年2回(7月、12月)
休日 全週休2日制(土・日)祝日、年末年始休暇、年間休日数 120日、試験前休暇制度あり
福利厚生 健康保険、雇用保険、労災保険
採用学部学科 全学部・全学科、会計事務所経験1年以上or経理経験3年以上
採用条件 年齢35歳まで、税理士科目合格者(1科目以上)
選考方法 1~2週間以内で書類選考の上、面接日時を通知致します。
教育方針
現場担当者が習得すべき事は、大きく2つあると考えております。
一つは会計・税務の知識、いわゆる「術」です。
もう一つは、心構え、いわゆる「道」です。
「術」は、時間をかければある程度身につくものですが、「道」については、時間をかけて身につくものではないと考えております。
会計事務所のお客様は全員が経営者様です。
一方、お客様の会社の担当をさせて頂く私達スタッフは、経営者ではありません。
経営者ではない「担当者」が、従業員の皆様とその家族の生活を支え、また、借入等のリスクを抱えながら、日々「勝負」されておられる経営者の皆様の「経営サポート」をさせて頂こうというのですから、生半可な気持ちでは務まりません。
経営理念に掲げている「お客様の視点に立つ」、どこまで経営者の皆様の視点に近づけるかは、一つ一つの事柄に対し、いかに魂を込めて取り組むことが出来るかにかかっていると思います。
会計事務所の仕事は、会社の根幹・舵取りに関わる、非常に重要性の高い仕事です。
それ故に責任は重いですが、非常にやりがいのある仕事です。
企業の永続的発展をサポートさせて頂く為にも、社員全員切磋琢磨して「術」と「道」を磨き続けたいと思っております。