MENU

カルマ

2017年11月1日

ここ数年、そこはかとない違和感を感じていることがあります。その違和感はじわじわとボルテージを上げ、もはや笑顔で居合わせることが出来ないくらい、顕著なものになってきました。それは何か?と問われると、明確な自覚的表現が出来ず、自分はうつ病?と、すっきりしない感情を見ないようにふたをしていました。敢えて稚拙な表現をすると、人を評価したり、声高々に宣言したり、上から見下ろしている人の高揚した表情が苦手。とにかく、こうすべきだと人を操作したり、啓蒙する人を見るにつけ、いたたまれないような居心地の悪さを感じてしまうのです。なぜ、そんな気持ちになるのか、ずっとずっと、言語化できませんでしたが、ある方の文章を読んで、初めて自覚し、開眼しました。

 

立志すべき、人としてこうあるべき・・・そこには、圧倒的な、「ひととして」の一つの答え、つまり、「正解」が用意されていること。そして、答えが一つであるということは、「裁き」であり、「愛」ではない・・・ゆえに、独善的な香りや傲慢さが漂い、息苦しさを感じてしまうのではないか。自分自身、何が出来て、どう生きるべきかを、それぞれが命がけで考え、もがきながらも必死で行動することは、とてもとても尊いことであり、だからこそ、そうやって、それぞれが、それぞれの答えを紡ぐ責任と義務をもって、主体的に生きている現実に対し、根本的な敬意を表したい。どんな答えにも、どんな生き方にも、小さかろうと大きかろうと、好きだろうと嫌いだろうと、善だろうと悪だろうと、そんなこととは別に、必ず尊さや価値がある・・・

 

私には、自分の主観が必ず一言入るという業があります。私にそれを言われると、人は、自分の答えではなく、私の答えを探します。一人一人がそれぞれの答えを紡ぐ責任と義務をもって主体的に生きている現実に対し、厳かな敬意が欠落していました。ここ数年の違和感は、自分の業に気づき、業を祓うための万華鏡のように思えてきました。自分自身が吐き出していた宣言めいた啓蒙的な言葉、大真面目に無意識に人を裁く姿、業をさらしていた自分を思い出すと、背筋がゾワゾワします。

 

不幸になりたいと願っている人間はこの世にいません。意外とみんな、命を燃やして生きています。世の中、けっこう、捨てたもんじゃない!!あの人は〇〇だからだめ。社会はこんなにも疲弊している、そんな心配は余計なお世話。そんな恐怖や不安ではなく、まだまだ、世界は優しさと愛であふれている、そんな人間へのキラキラした信頼に光を当てて、一歩一歩、自分の人生の答えを紡いていきたいと思います。

新着記事

事前確定届出給与

◇2018年9月19日◇

大阪北区の税理士法人 I do の浜西です。 今回は、事前確定届出給与について書きたいと思います。   ▼事前確定届出給与とは? 法人の役員のに対して決まった時期に「事前確定届出給与に関する定め」に定めた確定額を支給する給与をいいます。

大阪北区、税理士法人I doの沈です。   平成30年度税制改正で、所得拡大促進税制の改正が行われたのですが、改正前と改正後の制度の概要について説明をしたいと思います。   1.改正前の所得拡大促進税制の概要   雇用者給与等支給額が増加

大阪北区、税理士法人I doの沈です。 おはようございます。確定申告の期間が終了し少し気持ちも落ち着いてまいりました。 確定申告では住宅ローン控除を適用する方を多く見受けられますが、実は自己資金だけで住宅を取得した場合でも所得税の減税制度が

大阪北区、税理士法人I doの沈です。   2019年の10月1日から消費税が10%に引き上げられ、食料品の譲渡は8%の軽減税率が適用されることとなっています。 そんな中、食料品を販売している店舗でも、店内でイートインコーナーを設けてお客様に

税理士法人I do 沈です。   今回は上場株式等譲渡損失繰越控除と国民健康保険料についてご説明したいと思います。   1.特定口座内の上場株式等譲渡所得等の課税関係   源泉徴収「あり」を選択した特定口座内の上場株式等の譲渡所得等につい

11月は様々な出来事と想いが錯綜した1か月でした。11月なのに年の瀬のような、まるで走馬灯が10倍速のスピードでかけめぐるような・・・ 確実に今までの自分の身体感覚を上回る勢いで物事が進んでいきます。その都度、立ち止まって考えるというより、両腕を

 新年明けましておめでとうございます。 昨年中は格別のお引き立てに賜り、厚く御礼申し上げます。 本年もご愛顧の程、何卒よろしくお願い申し上げます。    年の瀬が迫りくる12月のある日、事務所の来期の方針発表に思いを馳せながら、しみじみ実感

大阪北区、税理士法人I doの沈です。 最近は、視察と観光を兼ねた“海外視察ツアー”を行う会社が増えてきているようですが、本来、視察と観光とでは支出する費用の目的が異なります。 では、観光を兼ねた海外渡航費は、どのように処理をすべきなのでし


アーカイブ

2018

カテゴリー

最新記事

サイドメニュー

こんにちは(ご挨拶)

代表者からの簡単な自社・自店舗の特徴や思いを伝える。

代表
中尾久美子

会社情報

電話番号

06-6360ー5577

所在地

〒530ー0057
大阪市北区曽根崎2-5-10
梅田パシフィックビルディング3F
JR大阪御堂筋南口、阪神梅田駅東口から徒歩5分。
阪急梅田駅からも徒歩7分。


© 2018 税理士法人 I do All rights reserved.