I do

Tax Accountant Office

column


所長の一言

心の庭

date:20120507
ふと気がつくと、私の心の庭は枯れ果てて、雑草も育たないくらい荒廃していました。
宇宙のエネルギーが様々な事象を通して、警鐘を鳴らしてくれました。

気持ちを切り替え、自制していた緑豊かな清々しい庭に、今までの何倍もの努力をして戻してゆかなければなりません。
ここまで荒廃するのに、さほど時間はかかりませんでした。
何がきっかけだったのか・・・今考えても、はっきり思い出せないくらい、些細なことの積み重ねでした。

只一つ、明白なことは、心の庭をきれいにするには、弛まぬ努力の積み重ねが必要ですが、邪悪や怠惰に流れることは、砂の城のように容易に崩れること。
神様は油断や傲慢を見逃しません。

私は4月の下旬、生まれて初めて体調を崩し救急車で運ばれました。
まさに、不純な思考が招いた身体の荒廃です。
わがままと稚心が、周囲への感謝の気持ちに完全に勝っていました。
目の前の問題に行き詰まり、穏やかさを喪失し、つまりは、志を見失っていました。

  「嵐に揺れ動く魂よ。どこでどのような状況にあっても、これだけは知っておきなさい。
人生という大海では幸運の島々がほほえみ、陽光の降りそそぐ理想の岸辺があなたの到着を待っています。
思いの舵をしっかりと握るのです。
あなたの魂の帆船では、船長が眠りこけてしまい働いていません。
彼を起こしなさい。
自制は強さであり、正しい思いは熟練した技能、そして穏やかさは力なのです。
心に向かって命じなさい。穏やかであれ!と」

~ジェームスアレン~

何度も何度もこの言葉を呪文のように唱えつつ、穏やかに思いを巡らすと、心配してくれている優しい人の顔が浮かびます。
スタッフやお客様、皆様に生かされて仕事ができている・・・心からそう思えます。
もう一度、一から心の庭を手入れし、不純な思いを取り払い、純粋な思いの種を植えて、志を育んでいこうと思います。
archives