I do

Tax Accountant Office

column


所長の一言

光のもとへ

date:20111101
早いもので、今年も残すところ2か月、皆さんは、この1年でどんな成果を得ることができたでしょうか?
私にとっては、成果というより、事業の意義を問いなおす、大きな課題と向き合うことができる年でした。

考えても、考えても、これだ!
という答えが見つからない・・・しかし、どうしてもその答えを見つけなければ、力がみなぎらない、次のステージに上がれない。
矛盾というか、ジレンマというか、まるで出口の見えないトンネルの中を、とにかく全力で走っている・・・ ふと気がつけば、そんな状況がずっと続いていました。

目先の仕事に全力で取り組み、敢えてその問題を見ないようにしてみる・・・しかし、結局、その問題に行き着くことになる。

世の中が大きく変化している。
現状の延長線上に自社の未来はあるのか?
漠たる不安にふたをしていていいのか?
今のままでは燃えられない・・・

もっと燃えられる明確なお役立ちが欲しい。
社会から必要とされ続けるには、その漠たる不安を問い続け、自社なりの光を見つけること・・・それが永続的に発展していける唯一の方法ではないでしょうか。

すでに起こってしまった未来から逃げることはできません。
多くの会社が、潜在的に、上記のような課題に直面しています。
なぜなら、社会の環境が抜本的に変化し、産業構造の土台が激変したからです。
それにより、自社の、社会に対するお役立ちに、ずれが生じる可能性を、どれだけの経営者が自覚しているでしょうか?
自社の事業に閉塞感を感じているにも関わらず、懸命に目の前の仕事をこなしている・・・まさにゆでがえる。

ステージが上がった会社は、イノベーションが苦にならない組織風土になっています。
現状、業績が良いからといって、いつまでも過去の栄光に浸っていると、イノベーションの勘所を見失ってしまうことになります。
新しい年にむけて、事業の意義・目的を新たに問い直し、社会に対するお役立ちがずれていないか・・・残り2カ月で、もう一度熟考し、自社の光を必ず見つけたいと思います。
archives