I do

Tax Accountant Office

column


所長の一言

信じ続ける

date:20110601
開業して丸8年、しみじみ実感することがあります。
それは人との出会いと別れです。

お客様、従業員を問わず、この人とはずっと一緒に歩んで行くだろう・・・心から信頼していた人と、悲しいことですが、道を分かつことが少なからず、ありました。
その時は決して克服することはできないであろう・・・それくらい、心の比重の多くを占めるものでした。
しかし、不思議なことですが、時を経て省みて、結果的に道を分かつこととなった出会いさえ、人生にとって必然だったと、懐かしい教訓になっています。

決して、道を分かつことに慣れてはいけない、反省を忘れてはいけませんが、新たなご縁を築くための、乗り越えるべき課題ではないかと思います。
縁がある、縁がない、その一言で片づけられる問題ではありませんが、何らかの運命的な結びつきを感じずにはいられません。

出会えたことに心から感謝すること。神様から頂いたご縁を、生かすも殺すも自分の心がけ次第です。
裏切られたことに囚われ、人を信じることが怖くなり、無意識のうちに、腹八分目で人と付き合う・・・
そんな人生だけは送りたくない!心からそう思います。
差し障りのない人間関係からは何も生まれません。

もし耐えがたい心のすれ違いにあったなら、まず自己を省みること。
自分でも気づかないうちに、人の心を踏みにじる行動をとっていないか。
自分の都合を最優先にしていないか。
花が咲くには種をまいて育てて下さった人が必ずいます。
私自身、ここまで歩んでくるまで、お世話をして下さった人の恩を忘れず、心から感謝しているとは決して言えない状況です。
大切な人と道を分かつことは、その御恩を思い出させて下さる、神様からの贈り物だと思います。

他人を疑わず、自分を疑わず信じること。そこに信頼の泉が湧いているのではないでしょうか。私は何度裏切られても、真っさらで人を信じ続けます。
archives