I do

Tax Accountant Office

column


所長の一言

傲慢

date:20100701
志を胸に、迷いなく、まっすぐに歩む…
私はたくさんのことを学び、感じとり、理想は天高くそびえました。
今の私にとって、この理想こそ志 といえます。

俯瞰逆算、その理想から現実を省みて、現実は空々しいくらい乖離しています。
しかし正に今、現実に目を向けなくてはならず、現実とのバランスを欠くことは許されません。
知識レベルで考えたことは所詮仮想であり、現実の真理を直観でとらえることが重要です。
乖離こそ経営を考え発展させる原点。
理想と現実のかけ離れに気づき、どのように取り組むか…
大きな目標であればこそ、小手先のテクニックではごまかせず、根本的な改善が必要です。
しかし、根本的な改善は目に見えず、簡単に結果は出ず、遅々として進みません。

     焦ることなかれ、諦めることなかれ…
     目標が高すぎる、急ぎすぎている…

周囲から様々な声が囁かれます。
リーダーがぶれないこと。
私は、心に描いたことを実行しなくてはいられない、理想に終わらせることは決してできない人間です。
しかし、一人高ぶり、ついてこれない周囲を侮蔑することは本末転倒、傲慢以外の何物でもありません。
身近なものを幸せにすることなくして、大きな志が達成できるはずもなし・・・ 志は、スタッフそしてお客様へのお役立ちの積み重ね。
まずは同志を一人一人募ること。
光る、光る、磨けば光る、磨いて光らないものは照らせば光る… 目に見えない、リソースは無意識の中にたくさんあるはずです。
そのリソースをいかに顕在化するか…

川の真ん中の流れはとても速い…泳ぎだした川は向こう岸まで泳ぎ切らねばならない。
苦しい時はあっても、苦しい人生はない。
自らの高ぶりを傲慢に変えず、反省のある毎日を過ごすこと。
今の私にとって、足元をすくわれないための一番の命題です。
archives