I do

Tax Accountant Office

column


所長の一言

I do の存在意義

date:20091101
今年も残すところ2ヶ月。

I doは、まだたくさんの課題を抱えています。
そんな中、やっと「経営とは何たるか」を考えることができる様になってきたと思います。

すべての商売において、利益を出すことは、理論的に難しいことではありません。売上より経費が少なければいい・・・シンプルなはずです。

経営とは、高収益体質を作ること。
「儲からない値決めをしている、すなわち経営をしていないということ。」
とある人から言われて、頭をガツンと殴られるような気付きを得ました。
「経営をしていないとは、経営者ではないということ。」であれば、役員報酬を返還しなければなりません。
耳が痛い言葉ですが本質をついています。

値決めとは、お客様が喜んでくださる一番高い値段をシューティングすること。
経営者がすべき最も大事な仕事です。
安い値段で売ることは誰でも出来ます。
安易に安売りする風土を容認していないか。

ともすれば、即座に利益なき繁忙へ身を落としてしまいます。
まずは値段を自分で決めれるようになること。
そのために何を改善すべきか。
下請けだから・・中間業者だから・・リーマンショック100年に一度の不景気だから・・愚痴を言いながら、過去に囚われたまま、ただ手をこまねいていませんか?

守りから攻めの経営への転換。
競争相手があふれる業界で、後発組、知名度なし、ゼロからのスタート。
いかにそのマイナス要素を強みに変えるか、反骨精神、燃える闘魂を企業風土とすることができるか。
同志であるスタッフ一人一人が自分なりの強みを、オリジナルの魅力ある商品に創りこめるはずです。
それは必ず、大きな付加価値の向上をもたらします。

会計事務所、コンサルティング、会計専門学校、すべての概念゙を超越した、I doの存在意義とは・・・言葉にならないけれどキラキラ輝いている暗黙知。
それを熟考し、必ず言葉にしようと思います
archives