I do

Tax Accountant Office

column


所長の一言

裸の価値

date:20080930
先日、20代前半の人と3日間団体行動をする機会がありました。
私はそこで大きな発見をしました。

  自分は素直だと認識していましたが、若い人が主流のフィールドに入るとエゴの塊であるということ。
普段接することが多い人間関係を思い起こしてみました。

明らかに自分より年上で地位のある男性が主流を占めています。
その人たちに馴染もう、その人たちと共感できるようになりたい・・仕事を始めたころ強くそう思いました。
その反面、同世代の一般的なサラリーマンを心のどこかで馬鹿にするようになり、友人たちとも距離を置くようになりました。

  19年たった現在、幸い願いは叶い、それ相応の経営者の方と、対等とまではいきませんが、同じ土俵で話ができるようになってきました。

  しかし私自身、何か大事なものを忘れかけているような気がします。
今回、若い人との団体生活を通じて、どこか斜に構えている自分がはっきり見ました。

  参加メンバーが、自分がいつも接している経営者ではないから、自分が真剣に接する必要はない・・心のどこかで上から目線で、力を抜いていました。
なんと冷たい傲慢な人間なのでしょうか。
知らず知らずのうちに、自分自身が肩書や資格、名刺で価値を判断する種族の仲間入りをしようとしていました。
3日間生活を共にしたみんなには、私の背景は何も関係ありません。
そう考えたときふと、私の傲慢さが事務所の若いスタッフと距離をつくっていると確信しました。
真剣に向き合わず管理されて喜ぶ人間はいません。

遠い離島で生活していたとしても、自分の価値をはっきり言えるような人間でありたいと思います。
archives