I do

Tax Accountant Office

column


所長の一言

思いが通じるまで

date:20080801
中尾会計事務所では、お客さまのお役に立とうとする気持ちを最も大事にしています。
しかし残念ながらお世辞で100点満点とは言えず、お客様にもご迷惑をかけることもある現状です。

私を含めスタッフ全員、お役に立とうとする気持ちは誰にも負けないくらい強く持っています。
しかし、問題に気付かず素通りしてしまう場合・・そして、切なる思いが上手く伝えられない場合があります。
どうしたらスタッフそれぞれがもっと気づき、そして、思いが伝えられるようになるのでしょうか。

素通りしてしまう原因の第一は、主体性の欠落があげられます。
万事受け身で言われたことしかやらない、自分の頭で考えない人に問題を見つけようという意識は働きません。
たまたま問題にぶつかったとしても、これは自分の仕事ではないと無意識に通り過ぎてしまいます。

次に、当事者意識の欠落。
自分はあくまでも補佐役で主人公ではないと思っています。
一番難しいのは、自分では主体的に取り組んでいるつもりなのに問題を見つけられない人。
そういう人は本当に自分が真剣に取り組んでいるのか胸に手を当てて考えてみる必要があります。

真剣に取り組むとは、お客様の状況そして自分自身のおかれている状況を複合的に考え尽すこと。
他者認識力と自己認識力を高める必要があります。

高める秘訣はただ一つ。
役に立ちたいという思いの強さです。
その気持ちさえ持ち続ければ、いくら未熟でもいずれ成長してゆくはずです。

思いが伝わらないのは、相手の誠が足りないのか、それとも己の誠が足りないのか。

まず自分の誠意をもってすれば、どんな人でも説得できる・・中尾会計がそんな人間の集まりになれるよう精進を続けたいと思います。
archives