I do

Tax Accountant Office

column


所長の一言

職人への道

date:20080201
厚生労働省によると、平成5年新卒者の入社3年以内の離職率は24.3%、平成15年新卒者ではぐっと増えて35.7%、3人に1人以上やめてしまうそうです。

どんな職業であれすぐできるようになる仕事はありません。
もしできると思っている人がいたなら、それは単に作業をしていることを仕事だと勘違いしているだけです。
ほとんどの新人が一人前になるまでがんばる持久力を持ち合わせていません。
我が会計業界でも同様です。

逆に言えばひとつのことを素直にがんばり続けるだけで大きく優位にたつことが可能です。

非常にシンプルです。
その簡単なことがいわゆる職人の世界では最重要適性です。

答えが決まっている試験に慣れた学生時代は受動的に教えてもらうことが当然です。
でも仕事は試験問題のように条件設定はありません。
自分で条件を整えて交渉しながら進んでゆくのみです。

長いキャリアの入り口には地味な修行が必ず待ち受けています。
あと1歩で働くことの面白さを垣間見ることができるのに、その1歩前で挫折してしまう人を何人も見てきました。
私はその時いつも強く思います。

縁あって出会った仲間に伝えたい・・大変な仕事を乗り越えたときの心が震える充実感を・・そしてせっかく生まれてきたのだから天職と思える仕事を続けてほしい・・
ただし怠け者の文句言いには天職は決して近づいてきません。
神様はこれだと決めた仕事を愚直にがんばる職人への道を歩む人にそっと天職を授けます。

私も授かった天職に感謝し職人への道を歩み続けたいと思います。
archives