I do

Tax Accountant Office

column


所長の一言

数字の嫌いな税理士

date:20041130
会計事務所の仕事といえばほとんどの場合、数字が鍵となります。
私は小学生の時に珠算暗算四段を取得し、職業が税理士にも関わらず数字が嫌いです。
なぜかと考えてみたところ、商売は生きていて、数字は死んでいるからです。
直感的にそう考えている社長様も多いのではないでしょうか。

数字はそれに携わる者の判断が介入し加工されてこそ情報となります。
そうでなければ死んだ数字でありその報告の意味は全くありません。

社長が財務諸表に本当に興味を持っていただくには三つのポイントがあります。

1 知りたい情報がパッと見てパッとわかるフォームに集約する
2 傾向と絶対値を視覚で把握できる一覧表やグラフにする
3 予算(予算を作ることができない場合は前年)と定期的に比較する

数字は一定の基準と定期的に比較して判断して初めて命を宿します。
以上の3点を具体的に実行していけば、数字は非常に心強い経営のパートナーになるはずです。

  数字が嫌いな社長様、私たちと一緒に死んだ数字にさよならしませんか?
私たちはいつでも生きた商売と命を宿した数字を迎えるお手伝いをさせて頂きます。
archives