I do

Tax Accountant Office

column


所長の一言

気がつく人

date:20061031
今年の就職戦線は、専ら売り手市場のようです。
新聞によると、今年の就職活動を漢字1文字で表すと1位が「楽」、2位は「迷」。
複数内定をもらい、どちらにしようか迷ってとのこと。
以前の就職氷河期がうそのようです。

新入社員ベテラン問わず、大事な仕事の能力として「気づく力」があります。
よく気がつく人にとって、五感から得る情報は宝の山に匹敵します。
そこには、問題解決のための貴重なヒントが埋もれています。
しかし、同じ情報を与えられても、簡単に見過ごしてしまう人は少なくありません。

第一に、自分がどういう状況におかれているのかが見えなければ、自分が解決すべき課題には気づきません。

次に、尻を叩かれて仕事をやらされている人と、仕事が面白いと感じて積極的にやっているのとでは、仕事の見え方がまるで違います。
やる気があれば、疑問もわき、職場を離れても仕事のことが頭の片隅に残っています。
敏感になっているため、家でテレビを見ていても、仕事に役立ちそうなものがあれば取り入れようとします。
それが新しい気づきにつながります。

そして最後に、脇目も振らず全力で取り組むと、対象の仕事以外全く目に入らなくなります。
90%の力を注ぎ、残りの10%でセルフモニタリングする余力を残しておくこと。
それが気づくこつではないでしょうか。

みんなそれぞれ、自分は気がつくと思っています。
驚くほど周囲はみえていないものです。

いつも必死の私にとっても重要な課題です。
archives